自家消費型太陽光

太陽光は自家消費の時代へ

2020年に「買電」価格と「売電」価格が同じになる

予測価格

「固定価格買取制度」による売電価格は毎年減少しており、なおかつ電気代は年々増加の一途を辿っています。
2020年、この「買電」価格と「売電」価格が等しくなり、逆転します。よって、先を見据えた「太陽光設置」を検討するのであれば「自家消費型」が圧倒的にお得です!

電気代削減

自家消費型のメリットは何と言っても電気代の削減です。
発電した電気はそのまま自社で使用する為、電気代が上昇すればするほどそのメリットは大きくなります。

50kWの太陽光発電所を設置した場合
電力単価が15円/kWとすると・・・

電気代削減

法人の皆様 自家消費型太陽光は節税対策が可能です

自家消費型太陽光発電しか使えない優遇税制がございます!!

中小企業経営強化税制

※平成30年度末まで拡充

グリーン投資減税

※平成30年度末まで拡充

固定資産税の減免処置

※平成29年度末まで拡充

法人の皆様 本年度使える補助金も有ります!!

再生可能エネルギー導入促進のための設備導入支援事業費補助金

設置費用の1/3の補助金が出ます。
※申請には期限があります。申請情報には要注意しましょう。

BCP対策

自家消費型太陽光は晴れている限り発電を続けます。
ですので万が一トラブルが起きて停電になったとしても電気を使用することができます。

BCP対策

蓄電池と太陽光発電をセットで導入することで、昼間発電した電気を蓄電池に溜めこみ、夜間使用することが可能です。
よって、長期の停電対策として使用可能です。

eneman